YOUは何しに日本へ?ベトナムアイドルのPOLARIS(ポラリス)とは?メンバーwiki風プロフィール!

アイドル

みなさんはPOLARIS(ポラリス)という

グループをご存知でしょうか?

 

 

POLARIS(ポラリス)は2016年5月に

ベトナムのハノイで結成された

6人組のアイドルグループです。

 

また、12月9日に放送される

『YOUは何しに日本へ?』

にPOLARIS(ポラリス)が出演されますね!

 

 

ということで、今回は

・ベトナムアイドル「POLARIS(ポラリス)」とは?

・POLARISのメンバーのプロフィールは?

・POLARISのおすすめ曲は?

などなど気になることをお伝えしていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

『YOUは何しに日本へ?』にPOLARISが出演!

2019年12月9日に放送される『YOUは何しに日本へ?』に

POLARISが出演されますね!

 

番組内ではグループ結成の感動秘話などが明らかになるようです!

【YOUは何しに日本へ?】ベトナムアイドルのPOLARIS(ポラリス)とは?

まず初めに、「POLARIS(ポラリス)」とはどういうグループなのかをご紹介しましょう!

 

 

POLARIS(ポラリス)は2016年5月にベトナムの

ハノイで結成された6人組のアイドルグループです。

 

ベトナムハノイを中心に日本各地や海外で

ライブ活動を行っています。

 

・なぜベトナムでアイドル?

実はベトナムでは、マンガやアニメなどの

日本のポップカルチャーが大人気なんだそうです!

日本とベトナムの文化交流イベントでは、

コスプレ大会やアニソン大会も開催されています。

また、日本のアイドルに憧れる若者も増えているようです。

そんな中、ベトナム・ハノイ初の日本スタイルアイドル

として「POLARIS(ポラリス)」が誕生しました。

 

2019年時点では以下の6人で構成されています。

・四季

・リン

・レイ

・ひかり

・ちじゅ

・りょう

 

メンバーは全員ベトナム出身だが、

日本語での会話が可能なんだそう。

特に、日本留学の経験もある四季さんは、

かなり流暢な日本語を操ることができるそう!

 

 

そんなPOLARIS(ポラリス)ですが、

2017年7月に日本初来日し、

「愛踊祭2017・関東Cエリア代表決定戦」

に出演しています。

 

2019の7月には  「愛踊祭2019 関東・甲信越Cエリア」

審査員特別賞を受賞しています。

 

2019年11月には Quest Career2019において、

ANA賞、グランプリを同時に受賞しています。

 

スポンサーリンク

【YOUは何しに日本へ?】POLARIS(ポラリス)のメンバーwiki風プロフィール!

次は、そんな魅力的な「PORALIS(ポラリス)」のメンバーのプロフィールをwiki風にご紹介しましょう!

四季

プロフィール

名前:四季(しき)

メンバーカラー:ピンク

誕生日:6月28日

血液型:O型

・リーダー

・初期メンバー

リン

プロフィール

名前:リン

メンバーカラー:赤

誕生日:3月10日

血液型:A型

・ダンス担当

・制服デザイン

・初期メンバー

レイ

プロフィール

名前:レイ

メンバーカラー:紫

誕生日:10月7日

血液型:O型

・ボイトレ担当

・初期メンバー

ひかり

プロフィール

名前:ひかり

メンバーカラー:緑

誕生日:6月24日

血液型:O型

・2017年6月に加入

ちじゅ

プロフィール

名前:ちじゅ

メンバーカラー:オレンジ

誕生日:8月30日

血液型:AB型

・2017年12月に加入

りょう

プロフィール

名前:りょう

メンバーカラー:黄

誕生日:11月12日

・2018年10月に加入

スポンサーリンク

【YOUは何しに日本へ?】PORARIS(ポラリス)のおすすめ曲!

そんなPOLARISのおすすめ曲をご紹介しましょう!

 

まずは「強くなれる」

これはPOLARISのセカンドシングルで、

初のミュージックビデオを制作!

 

続いてはこの曲!「綿のようにように疲れる日々」

これはリーダーの四季さんが歌詞を作成した、

POLARISのファーストシングル

 

 

この他にも素晴らしい曲が沢山ありますので、

YouTubeでぜひ聴いてみてください!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

 

日本のアイドル文化がベトナムにまで

影響を与えていることに正直ビックリしました!

 

POLARISがこれから、さらに人気が

出て日本とベトナムの良い架け橋に

なってもらいたいですね。

 

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました