夢アドの4人の卒業の理由は運営が原因?解散の可能性は?

2019年11月1日にグループの公式サイトで

夢みるアドレセンスが、メンバー6人のうち、

荻野可鈴、志田友美、小林れい、水無瀬ゆきの

4人が年末をもって卒業することを発表されました。

 

今回は、

・夢アドの荻野可鈴、志田友美、小林れい、水無瀬ゆきの4人が卒業を発表!

・夢アドの4人の卒業の理由は運営が原因?

・夢アドの4人の卒業で解散の可能性は?

・ネットやファンの声は?

についてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

夢アドの荻野可鈴、志田友美、小林れい、水無瀬ゆきの4人が卒業を発表!

2019年11月1日にグループの公式サイトで

夢みるアドレセンスが、メンバー6人のうち、

荻野可鈴、志田友美、小林れい、水無瀬ゆきの

4人が年末をもって卒業することを発表されました。

 

こちらが公式サイトで発表されたものです。

夢みるアドレセンスから皆さまへ いつも夢みるアドレセンスを応援してくださり誠にありがとうございます。 突然の発表となりますが、夢みるアドレセンスより荻野可鈴、志田友美、小林れい、水無瀬ゆきが2019年末をもちまして卒業いたします。ファンの皆様、関係者の皆様、本当に沢山の応援をありがとうございました。

 

突然の卒業発表…

 

4人の卒業の理由は一体?

解散の可能性はあるのか?

 

スポンサーリンク

夢アドの4人の卒業の理由は運営が原因?

卒業の具体的な理由は今のところ発表されていません。

 

しかし、Twitterで気になる記事を見つけました。

 

彼女たちの所属事務所であるタンバリンさんから、僕を含めた運営スタッフの退任要請があったのは夏頃の話でした。

内容は、以降の運営を所属事務所の主導にするというものです。もちろん合意できる話ではありませんでしたが、夢アドは企画プロデューサーである僕と、権利者である所属事務所との両輪でここまで続けて来たものです。両者が別のことを言っていると、活動が止まったままになってしまう。それはできない。めちゃくちゃ悔しいですが、本日発表になった12月のLIVEまでで、僕は運営を離れることになりました。

そして、本日、メンバー4名の卒業発表がありました。

 

グループの総合プロデューサーを務める伊藤公法さん

が運営を所属事務所の主導にするため、

夢アドの所属事務所から退任要請を受けたことを公表し、

卒業する4人と同じく、12月20日のライブで

夢アドのプロデュースから離れるそうです。

 

それに伴ってメンバーを一掃し、

グループの新規化をはかるため、

4人も卒業をすることになったのでは

ないかとおもいます。

 

スポンサーリンク

夢アドの4人が卒業で解散の可能性は?

公式サイトには山口はのんさんと山下彩耶さんは

活動を継続されていくと記載されていました。

山口はのん、山下彩耶は憧れの先輩たちから大切な夢アドを引き継いでこれからも活動してまいります。

今のところ、グループが解散する可能性はないようですね。

 

しかし、ファンの間ではこのような声もありました。

確かに4人も同時に卒業してしまうのは、

納得できませんよね。

しかも、卒業したのが結成からいた

初期メンバーの4人であることも

かなり引っかかりますよね。

 

スポンサーリンク

ネットやファンの声は?

 

 

やはり突如の卒業で、

「悲しい」という声や

「納得がいかない」という声は

多いようですね。

 

スポンサーリンク

 

<まとめ>

・夢みるアドレセンスのメンバー6人のうち、

荻野可鈴志田友美小林れい水無瀬ゆき

4人が年末をもって卒業

・卒業の具体的な理由は今のところ発表されていない

山口はのんと山下彩耶は活動を継続

されていくので、解散の可能性は低い

コメント

タイトルとURLをコピーしました